前へ
次へ

家庭教師として働くなら移動手段が重要

家庭教師は、塾みたいに特定の場所に子どもたちが集まって勉強を教えるわけではないです。
自分が担当する子どもの家に行き、そこで勉強を教えることになるので移動手段が大事です。
もし、車やバイクを所持していないと移動手段に困り、担当する地域が狭くなる可能性があります。
そうなると自分が担当する生徒が少なくなり、下手をするとまったくいない状況も考えられるので行動範囲を広くして少しでも多くの生徒を教える環境にしていく事が大事です。
もし、車やバイクを所持していると多少遠い生徒の家にも行く事ができるので家庭教師として働きたいのであればまず免許を取得して、車やバイクを購入していきます。
教える生徒が増えていくと、移動距離も長くなるのでできれば交通費を支給してくれる求人に応募します。
複数の生徒を教える場合だと交通費も高くなってしまうので、すべて自己負担だといくら時給が高くても稼ぎが少なくなります。
このように、移動手段が働くための1つのポイントです。

Page Top